煽り運転対策としてドライブレコーダーが最強な3つの理由

Pocket

最近何かと話題に取り上げられている

「煽り運転」

テレビのニュースでは、
必ず実際に起こった現場の動画付きで
放送されていますよね。

一昔前には
パトカーやタクシーぐらいにしか
ついていなかった「ドライブレコーダー」が、
いかに一般車にも普及したかという事を証明しています。

ここまで普及した理由の一つとしては
購入価格が安くなったという事もありますが、

一番は事故や犯罪、
特に「煽り運転」などの予防策・対抗策として
最強なツールだからではないでしょうか?

今回はそんなドライブレコーダーが、
煽り運転対策として最強な理由をご紹介します。

スポンサーリンク

煽り運転対策としてドライブレコーダーが最強な理由(その1)

「存在自体が予防に繋がる」

皆さんよくビルや建物の出入り口に

「防犯カメラ作動中」

と書いてあるのをご覧になったことはないでしょうか?

大体その近くにカメラが設置してあって、
実際そのカメラをよーく見ると
ダミーカメラだったりすることって結構あると思います。

これは、

「カメラがある」

ということ自体が相手に伝わるだけで、
効果がある証拠なのです。

「この建物は犯罪者を警戒しているな」

「本物のカメラが他にあるんじゃないか?」

犯罪者にこう思わせれば
十分効果ありと言えるでしょう。

ドライブレコーダーのカメラは割と

「ザ・カメラ」

という外観をしているものが多いです。

もし煽り運転目的で車間を詰めてきた人が、
車のフロントガラスや後方に
そのカメラを認識したら、
その時点でまずほとんどの人が逃げると言ってもいいでしょう。

わざわざ捕まりに行くようなものですからね。

煽り運転自体を辞めさせる(予防する)効果があると言えます。

煽り運転対策としてドライブレコーダーが最強な理由(その2)

「映像が物的な証拠に」

なんと言ってもこれが
ドライブレコーダーの最大のメリット。

万が一実際に煽られたり、
また煽ってきた人の車にぶつかり事故になった、

煽ってきた人が車から降りて脅してきた、
なんて状況に遭遇しても安心です。

あなたは特に大きなアクションを起こさず、
鍵を閉め車にじっとしていましょう。

なぜなら相手の顔も行動も車のナンバーも
そのドライブレコーダーが全て録画しているからです。

間違えても、相手の挑発に乗って煽り返したり、
車を降りて相手と口論するようなことはしないで下さい。

もちろん相手の非は
しっかりカメラが抑えてくれていますが、

万が一あなたが相手に同調して
犯罪行為をしてしまえばそれも物的に証拠になってしまうからです。

スポンサーリンク

煽り運転対策としてドライブレコーダーが最強な理由(その3)

「ドライブレコーダーの最新機能」

ドライブレコーダーを、
走っている映像をただ録画するだけのものだと思っていませんか?

最新のドライブレコーダーには
恐ろしいほどに進んだ機能が追加されているんです。

もちろん値段はピンキリなので
値段に相応した機能ではありますが、
そんな最新機能をご紹介します。

最新機能1:「圧倒的な画素数とカメラ性能」

車は色んなシチュエーションの中を走るものです、

天候・昼と夜・トンネル内の走行なんてこともあるでしょう。

夜で薄暗くて相手のナンバーが
見えなかったとなればせっかくの証拠が無意味になってしまいます。

1万円以上のレコーダーの多くが
基本300万画素、明暗の自動調節機能なども
ついている最新レコーダーになります。

最新機能2:「GPS機能」

GPS機能がついていると、
走行記録を取る際に、
パソコン上で地図と連動して記録することができます。

また、GPSのデータから、
なんと録画の際に走行速度を割り出すことも可能なんです。

事故などの検証のためにも使え、
かなり有利と言えるでしょう。

最新機能3:「バッテリー機能」

煽り運転などの犯罪は、
何も走っている最中だけとは限りません。

因縁などつけられていれば、
例えばエンジンを切って停車した車に
向かってくるなんてケースもあるでしょう。

このバッテリー機能さえあれば、
エンジンを切っても一時間ぐらいは録画が可能です。

「しまった!レコーダーが起動してなかった」

なんて事態は極力避けたいものです。

まとめ

これだけの理由があれば
まさにドライブレコーダーは
鬼に金棒じゃないでしょうか?

100%まではいかなくても
大きな確率で煽り運転に巻き込まれる
可能性を排除してくれますし、

あるいは巻き込まれても自分の主張を証明できるはずです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする