平昌オリンピック バイアスロンの放送日程&日本代表は?

Pocket

平昌オリンピックのスケジュール

平昌オリンピックは、日本の隣国である韓国の北部に位置する平昌群で開催されます。

開催時期は以下の通りで、時差もない事から選手もコンディションが整いやすくメダル獲得が期待されています。

また、応援する我々としてもこれまでの五輪と比較して、テレビ観戦がしやすく開催されればテレビの前にかじり付く毎日となりそうです。

  • 開催日程:2018年2月9日~25日(17日間)
  • 開会式:2018年2月9日 19時半(NHK放送予定)
  • 閉会式:2018年2月25日 20時(Eテレ放送予定)
スポンサーリンク

バイアスロンの種目とは?

冬季五輪の中で、個人的に最もマニア向けだと思うのが、このバイアスロンです。

スキーのクロスカントリーにライフル射撃を組み合わせるという異色さが売りとなります。

それは、この競技のルーツが、スポーツよりも軍事偵察という背景があり、だからライフル射撃とスキーを組み合わせているのです。

この競技は五輪毎に種目が増えていき、現在では11種目にまで拡大されています。

種目一覧

男子
  • 10kmスプリント
  • 20km個人
  • 12.5kmパシュート
  • 4×7.5kmリレー
  • 15kmマススタート
女子
  • 7.5kmスプリント
  • 15km個人
  • 10kmパシュート
  • 4×6kmリレー
  • 12.5kmマススタート
男女
  • 混合リレー

以上の計11種目

バイアスロンの放送日程

試合日程

  • 2018年2月10日~12日
  • 14日~15日
  • 17日~18日
  • 20日
  • 22日~23日

放送予定

  • 現時点未定

※発表され次第更新させていただきます。

現時点ではNHKや民放でのテレビ放送は予定なしですが、種目が豊富にありますし、メダル獲得のチャンスがあるなら、急きょ放送する事も有りえます。

また、カーリング同様にケーブルテレビやネット配信のJ:COM(ジュピターテレコム)は放送が決定しているので、気になる方は契約すると確実に視聴できます。

スポンサーリンク

バイアスロン日本代表のメンバーと注目選手

期待されるバイアスロンの男女の日本代表メンバーですが、こちらも他の競技同様に1月半ばの現時点では、選手選考がまだ行われている最中で正式決定していません。

1月後半から2月には遅くても決定するので、暫しお待ちください。

代表入りが有力な8人の選手を紹介します。

これらの選手は全員が自衛隊という事で、そのチームワークも期待されています。

男子(予想)

  • 立崎幹人
  • 枋木司
  • 尾崎光輔
  • 猪股和弥

女子(予想)

  • 古谷沙理
  • 立崎芙由子
  • 田中友理恵
  • 三橋李奈

この中で最も注目されるのが、女子の立崎選手です。

直近の1月11日にドイツで行われたワールドカップでは、15キロ個人に出場し42位となりました。

同大会で三橋選手は81位、古谷選手は86位だったので、立崎選手の活躍が日本のキーポイントとなりそうです。

バイアスロンはメダルが狙えるのか? 注目すべきポイントとは!

冬季五輪はその採用競技からして、どうしても地の利がある北欧や北米の選手が有利となっています。

バイアスロンも同様で、過去のメダル受賞者はドイツやノルウェー、ロシアなどが圧倒的な力の差を見せつけています。

日本代表入りが期待される選手ももちろん実力者揃いですが、メダル獲得は困難なのが現状です。

前回のソチ五輪や前々回のバンクーバー五輪でも、日本代表はもちろん、アジア各国ですら一度もメダルを獲得していません。

あまり悲観しても仕方がないですが、それでもやはり注目は立埼選手でしょう。

彼女は前回のソチでは13位、過去の世界選手権でも10~20位台、冬季アジア大会では2位や3位に入る実力者です。

年齢も28歳とスポーツ選手として完成された領域に入り、今回は彼女の活躍に否が応にも期待してしまいます。

最後に一言

冬季五輪はフィギュアスケートやジャンプなど、日本のメダル獲得の期待高いものが注目されます。

それは致し方ないですが、純粋な競技としてみるとバイアスロンはとても面白く、だからこそヨーロッパなどでは人気が高い注目競技なのです。

もし、下馬評を覆して日本代表がメダルを獲得したら、こんなに嬉しい事はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする