平昌オリンピック クロスカントリースキーの放送日程&日本代表は?

Pocket

今回紹介するのは平昌オリンピックのクロスカントリースキーについて。

その放送日程と、日本代表選手、メダルの可能性について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

平昌オリンピック クロスカントリースキーの放送日程

試合日程

  • 2018年2月10日~11日
  • 13日
  • 15日~18日
  • 21日
  • 24日~25日

放送予定

2018年2月11日 15時05分~

NHK 男子スキーアスロン

2月15日 15時20分~

NHK 女子10Kmフリー

2月16日 14時50分~

NHK 男子15Kmフリー

※発表され次第更新させていただきます。

クロスカントリースキーの種目とは?

クロスカントリースキーとは、雪が積もった長距離の野原を走りぬくという体力が重要視される競技です。

そのコースは上り坂・平地・下り坂がそれぞれ1/3ずつとなり、その距離などで種目が分かれ、男女合わせて合計12種目となります。

アルペンスキーとクロスカントリースキーは似たような競技で、違いについて混合する事もありますが、アルペンスキーは斜面を下るだけに対し、クロスカントリースキーは下りに加えて上りと平地もあり、ヨーロッパや北欧などでは子供から大人まで人気のスポーツで大変注目されています。

種目一覧

男子
  • 15kmフリー走法
  • 15km+15kmスキーアスロン
  • スプリントクラシック
  • チームスプリントフリー走法
  • 50kmマススタートフリー走法
  • 4×10kmリレー
女子
  • 10kmフリー走法
  • 7.5km+7.5kmスキーアスロン
  • スプリントフリー走法
  • チームスプリントフリー走法
  • 30kmマススタートクラシック
  • 4×5kmリレー

以上の計12種目

スポンサーリンク

クロスカントリースキー日本代表のメンバー(予想)と注目選手

1月中旬時点では、まだ全代表選手が決定していません。

昨年12月に第一弾として発表されたのが、クロスカントリースキーでは男子・吉田圭伸選手です。

それ以外はまだ決まっていないですが、現時点で本番での活躍が期待される注目選手を紹介します。

男子

  • 吉田圭伸
  • 宮沢大志
女子
  • 小林由貴
  • 石田正子

この中で注目は、当然ただ一人代表が内定した男子・吉田選手です。

吉田選手は自衛隊に所属する31歳で、2011年の世界選手権から頭角を現し、以降の世界大会では10位台に入る事が多くなるほど実力をつけています。

最高成績は、2017年に韓国で行われたワールドカップでは30km複合で見事に6位入賞を獲得しています。

この調子が続けば、縁起良い韓国という舞台もあり、もしかしたら初のメダル獲得も有りえるかもしれませんね。

※1月17日追記 石田正子選手が日本代表に内定しました。

クロスカントリースキーはメダルが狙えるのか? 注目すべきポイントとは!

クロスカントリーは、冬季五輪の中でも歴史が古く、1924年のシャモニー・モンブラン五輪から正式採用され、以降は種目が増え続けています。

すると、日本でもメダル獲得のチャンスが膨らむ気がしますが、これも他の競技同様にノルウェーやスウェーデン、ロシアなどが圧倒的にメダルを独占しています。

前回のソチでも、北欧やヨーロッパ選手にメダルが集中し、日本はもちろんアジア勢は銅メダル一枚も獲得できていません。

この結果から、日本の実力者である吉田選手に期待したいですが、冷静に判断すると難しいのも事実です。

最近の大会では、男女ともに予選落ちなどもありますが、だからこそ応援して夢のメダル獲得を頑張ってほしいですね。

最後に一言

クロスカントリースキーは、日本では冬季五輪の中でもマイナーな扱いですが、ヨーロッパなどでは人気が高く、だからNHKがテレビ放送します。

夏季五輪で例えるならマラソンのような注目競技なので、ぜひこの機会に世界の一流選手の活躍に注目してみたらどうでしょうか?

もちろん、日本勢がメダル獲得できれば最高ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする