ブルゾンちえみのマラソン警察官父に聞いたとバラす!守秘義務違反?

Pocket

ブルゾンちえみさんが
2017年の24時間テレビの
マラソンランナーに決まりましたが、

その5時間前に、
なんとネタバレしていたようなんです。

警察官の父が守秘義務違反を
して子供に教えたのが拡散してしまったとか…

スポンサーリンク

ブルゾンちえみのマラソンが警察官の父に聞いたとネタバレ!

ブルゾンちえみさんが
24時間マラソンランナーに決定したと
8月26日の20時45分に発表されました。

今か今かと待ちに待って
2時間以上待ってやっとかぁ、
なんて思っていましたが、

なんと発表の5時間前にネタバレしていたんです!

それがこちら


これって自慢する方も自慢するほうですし、
気になって仕方がないからって、
聞く方も聞く方ですよね。

でもお父さんに聞いたということですが、
警察官ってもちろん公務員ですから、

たとえ家族であっても
守秘義務上、問題ないんですかね。

警察官の守秘義務について

守秘義務とは、

職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。

ということです。

これは、警察官だけではなく、
公務員の規定がそのまま警察官にも
適用されるということです。

国家公務員法 第100条では、

第1項 「職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。」と定めている。違反者は最高1年の懲役又は最高50万円の罰金に処せられる。
出典:Wikipedia

地方公務員法 第34条では、

第1項 「職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。」と定められている。違反者は最高1年の懲役又は最高50万円の罰金に処せられる。
出典:Wikipedia

というように規定されています。

最高1年以上の懲役または最高50万円の罰金。

決して軽い罪ではないですね。

ただ、今回のケースでは
守秘義務違反となって罰せられるのでしょうか?

スポンサーリンク

この警察官の父は罰せられるのでしょうか?

これは一見、ツイッターで自分の
優越感を満たすためにツイートした
子供が悪いように見えますが、

上の守秘義務からすると、
「職務上知り得た情報を漏らした」
のは警察官の父親であり、

守秘義務違反を問われるのは、
警察官の父のほうです。

ではこの場合は罪に問われるのでしょうか?

これは、守秘義務違反だと考えられます。

但し、親告罪なんじゃないの?
これって日テレ側から告訴されないと
別に罪にならないんじゃないの?

と思う方も多いと思いますが、

公務員の守秘義務違反については、告訴が必要である旨の規定はありませんから、親告罪ではありません。
出典:yahoo知恵袋

上記のように、
公務員の守秘義務違反に関しては
親告罪ではないとのことです。

「息子にはしゃべってもいいか」

としゃべってしまった警察官の父親
が悪いということになりますね。

ただ、私も法律のプロではないので
正確なところは司法の判断が必要だと
思います。

でも警察官がポロっと息子さんに
「マラソン、ブルゾンちえみらしいぞ」
としゃべっていたのであれば、
ちょっと驚きです。

ネットの反応

さて、このブルゾンちえみさんの
ネタバレツイートについての
ネットの反応を紹介します。


↑警察の守秘義務違反は
特に厳しいとのことですが、
公務員の規定以外に何かプラスで
あるのでしょうか?


↑こちらの方は守秘義務にはあたらない
という意見の方ですね。
やっぱり守秘義務っていっても
ケースバイケースなんですかねぇ。


↑うーーん、
これが現実的な意見な気がします。
お父さんはかわいそうな気もしますね。

まとめ

今回は、
ブルゾンちえみが24時間マラソンを
走ることを警察官の父に聞いたと
子供がバラしたことについて紹介しました。

これって守秘義務違反になるのか
が今後騒がれそうですね。

せっかくブルゾンちえみさんが
マラソンでがんばっているので、
ミソつけるみたいなんで、
残念な話題ですね。

スポンサーリンク

Related Post

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする