煽り運転の仕返しってどうなの?

Pocket

「当たり屋」
なんていう言葉をよく聞きますが、

煽り運転の中にはこうした当たり屋のよう
に意図的に計画的に行う人もいれば、

運転をしている人が怒りで興奮状態だったり、
キレる寸前というような精神状態に
追い込まれ行う煽り運転もあるでしょう。

理由はどうあれ、
当然された方も皆仏様のような
人ばかりではありませんから、

「やったらやり返す」というような状況は
嫌が応にも発生してしまっているようです。

頭ではわかっていながら結果的には、
煽り返してしまうんですね。

今回は
「煽り運転の仕返しにはどんな事例があるのか?」
そんな具体例をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

煽り運転の仕返しってどんなものがあるの?

本当は良くないことですが、
実際の事例として
どんな仕返し方法があるのでしょうか?

ネットで調べてみた中から
いくつかピックアップして紹介したいと思います。

まずは一番多いのがこれ

「急ブレーキ」

カッとなってついやってしまいがちです。

ブレーキを踏むだけですから
やり易いんでしょうね。

ただ100%相手を逆上させると
思っていいでしょう。

火に油を注ぎまくる行為No.1です。

続いて

「譲ったふりして、後ろから煽り返す」

これもわかりやすいと言えば
わかりやすい仕返しですが、

一点重要なこととして
自分にも相当のリスクが付きまとうことと、

真似してはいけないのが大前提ですが、
特に運転初心者が怒りに任せて
これはやるのは絶対絶対真似してはいけません。

最後にこちら

「気にしないでそのままのペースで走る」

現実的にはこれが
一番いろいろな面で合理的な気がします。

まず第一に自分自身が「安全」だからです。

なおかつ煽ってきた相手に対しては

「俺の煽りに気づかないのか!?」

というプレッシャーと苛立ちを与えることもできます。

ちなみに余談ですが、
後ろのウィンドウォッシャー液を噴出し
お見舞いするなんてトリッキーな仕返しもありました。

しかし「仕返し」は
さらなる事故リスクを高める助長行為に
他なりませんので
実際やるのは厳禁です!

次項では「仕返し」が原因で
事件になったケースを紹介します。

煽り運転の仕返しで事件になった例

まずは前述した
「急ブレーキ」による仕返し、

実際にこれは死亡事故にも発展し、
急ブレーキを踏んだ側が
殺人で起訴されているケースもあります。

日本の法律では、
追突した方が100%悪いのが原則ですが、

このように故意に急ブレーキを踏んで
追突事故を起こした場合、

追突された側にも1割〜2割
非があるケースもあります。

ドライブレコーダーなどの
立証できる証拠があれば
急ブレーキをかけた側が不利益を被ることは十分あります。

恐らく大抵の人は煽られた場合、
車線を譲るか、
そのままのペースで走っていくのではないでしょうか?

ちなみに
こんなオーソドックスな対応をしても、

煽ってきた車が
そのまま高速の逆車線入り口に進入し
側壁に激突したなんて事故もあるようです。

これは、煽る側も相当なパニック状態で
ギリギリな精神状態であることを物語っていますね。

仕返しは運転中に起こるとは限りません、
高速道路で煽り煽られを繰り返した車2台が
次のパーキングで停まり、

そのまま運転者同士が口論、
警察が出動している場面も実際に見たことがあります。

スポンサーリンク

ネットの声



これが一番怖い、煽るのもそれに仕返しするのも良くない。



これは新しい仕返し方法です。これなら二次被害(事故)も生まれない


これがド正論!

まとめ

煽り運転への仕返しを
いくつかご紹介しましたが、

結論から言うと

「仕返ししてもマイナスしか生まれない」

ということ。

一時的な憂さ晴らしはできても、
ただそれだけです。

憂さ晴らしで済んだだけでも
本当に奇跡というようなヒヤリ事件ばかりですので、

皆さんも煽り運転はもちろん厳禁、
もしされても仏の心でうまく切り抜けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする