台風5号2017大阪への影響、ヨーロッパ米軍の進路予想

Pocket

2017日8月7日10:00に
発表された台風5号についての
最新情報です。

8月7日(日)10時現在、
高知県の室戸岬付近を時速20キロで通過
進路は北東にゆっくりと進んでいます。

中心気圧は970hPa、
中心付近の最大風速は30m/s

依然、強い勢力の台風です。

大阪への影響を中心に
今回も、気象庁のほか、

ヨーロッパのECMWF
(ヨーロッパ中期予報センター)、

米軍のJTWC
(米軍合同台風警報センター)

上記、3つの進路予想を紹介します。

スポンサーリンク

台風5号2017大阪への影響

依然強い勢力を保ったままの台風5号。

その台風5号が最も大阪に接近するのは、

7日18時頃になる見込みです。

しかも大阪を直撃する恐れがあります。

大阪全体で昼には暴風警報が発令される見込みです。

トラックが横転するレベルの暴風となる
危険がありますので、

できるだけ外出は控えるようにしましょう。

雨については局地的に
1時間に80ミリ以上の非常に強い
雨が降る恐れがあります

7日朝から8日朝までの
24時間に降る雨の量は多いところで
500ミリにおよぶ見込みです。

台風5号2017大阪への影響は?【米軍の進路予想図】

続いて8月7日発表の
JTWC(米軍合同台風警報センター)
台風5号の進路予想図を紹介します。

引用:JTWC(米軍合同台風警報センター)

7日の15時には、
四国の東端、徳島県東部に
台風の中心が位置し、

7日の夜にかけて大阪を通過し、

8日の午前3時には台風の中心が
愛知県と岐阜県の県境まで移動。

8日の15時には勢力を弱めながら
北関東を通過。

9日午前3時には福島県を通過して、
15時には太平洋上までいどうします。

スポンサーリンク

台風5号2017大阪への影響は?【ヨーロッパの進路予想図】

次にヨーロッパのECMWF
(ヨーロッパ中期予報センター)
の進路予想をみてみましょう。

引用:ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)

7日の21時には、台風の中心が
京都市から滋賀県南部に位置し、
特に強い暴風域は兵庫県、
滋賀県から岐阜県に達します。

8日の21時になるとかなり勢力を弱め
関東地方を西から東に通過、

9日の21時には完全に消滅しています。

台風5号2017【気象庁進路予想】8月7日発表

最後に気象庁の進路予想図です。

強い勢力を保ったまま
北東に移動している台風5号は、

高知県の室戸岬を7日の10時頃に通過、
その後、夕方には近畿地方に上陸し、

8日未明には東海地方を通過、

8日午前中から午後にかけて
関東地方に達する見込みです。

非常に速度の遅い台風5号は
長時間同じところに雨が降るという
特徴があり、

土砂災害や、河川の氾濫、
家屋への浸水が懸念されます。

私の実家は関西なんですが、
去年台風で浸水した時にこれが
役にたったそうです。

かなり値段ははりますけどね…

各地の台風の状況のツイート

それでは、台風5号に関する
ツイートを紹介します。


これは関空でのイベントでしょうか?
イベントの中止が各地で相次いでいますね。


これは京都大学の学食ですね。
賢明な判断だと思います。


お!これは粋な計らいですね!


なんか和みました(笑)

まとめ

今回は台風5号の
大阪への影響を
中心にお伝えしました。

今後も台風情報に注意しましょう。

進路予想など、新しくなり次第、
こちらのブログでも随時更新していきます。

スポンサーリンク

Related Post

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする