台風5号2017東海地方への影響、米軍の進路予想【7日更新】

Pocket

2017日8月7日15:00に
発表された台風5号についての
最新情報です。

8月7日15:30現在、
和歌山県の北部に上陸しました。
そのまま近畿地方を北東にゆっくりと
進んでいきます。

中心気圧は975hPa、
中心付近の最大風速は30m/s

依然、強い勢力の台風です。

東海地方への影響を中心に

気象庁のほか、

米軍のJTWC
(米軍合同台風警報センター)

上記、2つの進路予想を紹介します。

スポンサーリンク

台風5号2017東海地方への影響

依然ゆっくりとしたスピードの
台風5号ですが、

台風5号が東海地方に接近するのは、

8日の明け方になる見込みです。

昨日の予報が朝9時だったので
少し早まりましたね。

雨については、
8日明け方にかけて雷や突風を
伴って、1時間に50ミリの非常に
強い雨が降って、

局地的には1時間に80ミリ以上
猛烈な雨が降る危険があります。

7日の午後から8日の午後までの
24時間に降る雨の量は多いところで
300ミリにおよぶ見込みです。

昨日の予報が250ミリだったので
さらに強くなっていますね。

台風5号2017東海地方への影響は?【米軍の進路予想図】

続いて8月7日発表の
JTWC(米軍合同台風警報センター)
台風5号の進路予想図を紹介します。

引用:JTWC(米軍合同台風警報センター)

7日の15時には、
和歌山市付近に台風の中心があり

7日の夕方から夜にかけて
近畿地方を通過し、

8日の午前3時には台風の中心が
東海地方、愛知県と岐阜県の
県境まで移動。

8日の朝から午後にかけて
やや勢力を弱めながら
関東地方に移動。

9日午前3時には南東北を通過して、
15時には太平洋に抜けていきます。

スポンサーリンク

台風5号2017【気象庁進路予想】8月7日発表

最後に気象庁の進路予想図です。

依然強い勢力を保っている台風5号は、

7日15時半には和歌山県北部に上陸

そのまま8日未明から午前中
にかけて東海地方を通過、

その後、
関東地方に接近する見込みです。

気象庁は関東地方や
東北においても8日の午後にかけて
断続的に1時間に50ミリ、
局地的には80ミリ以上の猛烈な
雨が降る恐れがあります。

大雨によって土砂災害や河川の氾濫
家屋の浸水の危険があるとしています。

十分に報道には注意するようにしましょう。

各地の台風の状況のツイート

それでは、台風5号に関する
ツイートを紹介します。


これはUSJにイベントですね。
楽しみにしてた人はカワイソス(´・ω・`)


これは考えさせるツイートですね。
みなさんはどう思いますか?


なごみますね(^^)

まとめ

今回は台風5号の
東海地方への影響を
お伝えしました。

今後も台風情報に注意しましょう。

スポンサーリンク

Related Post

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする